アズレン編成 ブログ

アズールレーン チラ裏

【天龍門】アズレンの演習編成に思うこと【ウォスパ】

アズールレーンの演習編成について思うことを、最も強力な2つの編成を中心に書こうと思います。

開発艦2期前の環境の記録でもあります。

 

①天龍門

f:id:uniheraction1618:20190426225519p:plain

②狸天モナ(たぬ軸のグッドスタッフ)

f:id:uniheraction1618:20190426225929p:plain

 

②の編成いい名前が未だにないような気がします。だれかいい名前つけて

 

主力主義

編成の強さはほぼ主力によって決まっていると考えています。

f:id:uniheraction1618:20190426204640p:plain

一般的なダメージ割合

おおよそ前衛のダメが1体あたり1万に対して、主力は3万ほどのダメを出します。そのため単純なダメージ比で編成の強さの7割は主力で決まると言えそうです。海域13章でもクリアできるかは主力によって決まっているのでゲーム全体として主力主義だと思います。

結果として前衛は主力を守る編成が最も強く、あまり選択肢がないです。前衛については後半で触れます。

 

①天龍門

f:id:uniheraction1618:20190426225519p:plain

長門、天城、飛龍のサクラエンパイアで固めた編成。長門の攻撃バフ、天城の防御バフ、飛龍の無敵スキルでとても良くまとまった編成です。

長門と天城の弾幕が前衛に干渉するため、前衛を落としてから主力を落とすスタンダードな勝ち筋になります。相手の前衛を落とした時点で飛龍の無敵スキルが発動していなければベストです。

 

<おすすめ装備はこちら>

長門

f:id:uniheraction1618:20190426212604p:plain

主砲:弾幕スキルを持つため高回転の381mmにしたくなりますが、発動確率が低いことを考慮して410mmが推奨です。

副砲:相手の前衛に届く試製152mm一択。開発艦2期でこれの榴弾版が出たらしいので、出来るならそっちのほうがよさげ(使ってないので適当なことは言えない)

対空:戦艦は命中率を上げたいためSTAAG一択です。

設備1:高火器。火力、命中、リロード時間短縮できる壊れ装備

設備2:ビーバーズ。前衛を長生きさせるために編成に必須。誰に持たせても効果が発動しますが、ビーバーズの効果は装備している艦が落ちても残るので、落ちやすい旗艦は適していると思います。単純な回避盛りとしても十分な効果があります。

 

■天城

f:id:uniheraction1618:20190426213957p:plain

主砲:高確率の弾幕スキルを持つためスキル回しが優秀な381mm推奨。

副砲:試製152mm

対空:STAAG

設備1:SG。戦艦の命中を上げたいのと生存に寄せたい天城には、一式徹甲弾より合っていると思います。もし高火器がもう1つ手に入れば置き換えたいところです。

設備2:強化油圧舵。天城のスキルは生きてこそ発動するので回避盛り推奨です。

 

 ■飛龍

f:id:uniheraction1618:20190426214527p:plain

 戦闘機:F4U。烈風を上回るリロード時間、対空上昇スキルを持つ1品ものの最高装備。

爆撃機:SB2Cヘルダイバー。飛龍の役目は最後まで生き残って相手の主力を落とすことなので、動かない敵に最大ダメが出せるSB2Cが最適だと思います。

攻撃機:これも同じ理由で主力に攻撃を入れられる流星がベストだと思います。

設備1:安定のハイオク。艦載機が落ちにくくなるだけでなく、神風ダメも上がる(艦載機が主力艦隊へ到達した時に発生するダメージが艦載機の残りHPに依存します)。

また艦載機が速くなることで流星が相手に近い位置で発生するようになるため、物理的な命中率が上がります。

設備2:ビーコン、金カタを選ぶ人も多いかもしれませんが、個人的には金舵がいいと思っています。飛龍は後半に生き残ってこそ輝くので、相手前衛が落ちるまで無敵スキルを発動しないようにしたいです。飛龍は耐久が低いため早々にスキルを発動してしまいがちです。

豆知識:両方の前衛が落ちると「戦闘の加速」が行われますが、飛龍の無敵スキルはちゃんと15秒機能します。これが飛龍残しを強力にしている理由です。「戦闘の加速」は全体時間の圧縮が行われているわけではなく、装填値の上昇という形で行われているためです。

これがいかに強力か見てみましょう。

先に前衛を落とされて負けそうですが、飛龍1体で主力全員を落とせるぐらいの火力で逆転します(航空攻撃→花札→航空攻撃→無敵スキル→航空攻撃)。

天龍門は本当によくまとまった編成だと思います。飛龍は強力なスキルを持っていますが、単体で使っても火力が低くてあまり活躍できず、長門の火力アップがあってこそだったりします。

 

 ②狸天モナ

f:id:uniheraction1618:20190426225929p:plain

演習最強の艦、ウォスパ改を軸にしたグッドスタッフ編成。演習No2の天城に加え、コンセプトの相性からモナークと組みます。

狸改以前の演習では前衛を倒してから主力を倒すことが当たり前で、主力から倒すことは実質不可能でした。たぬ、フッドで1体狙って倒すことぐらいはできましたが、今や前衛を倒す前に主力を落とし切ることができるようになりました。

編成の強さは主力で決まるため、その主力が活躍する前に落とすことで有利をとるコンセプトです。

天龍門に高い勝率を誇り、天龍門ミラーが安定しないことを考慮すると、現在最も強い編成だと思います。

 

並びを変えて、たぬとモナで1体集中して落とすこともできますが、ややオーバーキル気味なので、モナを旗艦にしてモナの弾幕スキルを長く活用するほうが良いと思います。

モナの弾幕は上下非対称で下に当たるようになっているので、なるべく集中して落とすためにはこの並びがよいと思いますが、相手の編成に合わせて変えるのが最良です。残したくない艦をウォスパで狙いましょう。

 

 <おすすめ装備はこちら>

■ウォースパイト

f:id:uniheraction1618:20190426235327p:plain

主砲:主砲トリガースキルがないので、単純なDPSが最も高いMK6。

副砲:試製152mm

対空:STAAG

設備1:高火器

設備2:安定をとるならSGでもいいかもしれませんが、もともと高い命中をもつたぬには一式徹甲弾のほうが良さそうです。回避を盛るより相手の主力を落とすことに力を入れます。たぬは命中だけでなく運も90と高いためクリティカルが出やすく、付加効果の主砲クリティカルダメージ25%アップも生きます。

 

■天城

f:id:uniheraction1618:20190427000231p:plain

主砲:381mm

副砲:試製152mm

対空:STAAG

設備1:ビーバーズ。たぬとモナを火力&命中盛りにするため、天城にビーバーズを持たせています。

設備2:SG

 

モナーク

f:id:uniheraction1618:20190427000635p:plain

主砲:モナも高確率の弾幕スキルを持つため381mm推奨。

副砲:試製152mm

対空:STAAG

設備1:一式徹甲弾。火力と命中盛りのための装備ですが、高火器2つ目が来ればそちらに置き換えたいところです。

設備2:モナは命中が足りておらず、1つはSGで命中を上げたほうがよいと思います。竜骨編纂で運が15になって多少マシになりました。

豆知識:モナの「力戦奮闘」と雪風の「呉の雪風」はどちらも耐久20%以下になった時に発動しますが、重なった場合は雪風の回復が優先されモナのスキルは発動しません。雪風の回復のあと、再度耐久が20%を切るとモナのスキルが発動します。同時に発動したら強いのに!と思いますが、仕様と思われるため直ることはないと思います。

f:id:uniheraction1618:20190427223951p:plain

f:id:uniheraction1618:20190427224050p:plain

 

前衛について

個人的に良いと思う編成はこれです。

f:id:uniheraction1618:20190427010217p:plain

主力が編成のかなめなので、主力を守ることが強さに直結します。

また、前衛が落ちると主力は直接攻撃にさらされるため、長く留まることが守るということでもあります。

ジュノーと雪風は特にその目的に合っています。

あと1体ですが、

戦艦をメタるならサンルイ

空母もみてバランスをとるならネプチューン

という感じです。どちらも優秀な壁役です。

未だ一定数いる一航戦メタならベルファストですが、そこまでする必要もなく勝てるので、サンルイかネプのどちらかが良いと思います。

個人的には今回紹介している編成をメタと捉えているのでサンルイにしています。

 

 <おすすめ装備はこちら>

■サンルイ

f:id:uniheraction1618:20190427011736p:plain

主砲:試製203mm三連装砲。もっともDPSの高い榴弾砲重巡の射角の狭さどうにかならんかと思うのがたまにキズ。

魚雷:5連装磁気魚雷 or 4連装磁気魚雷

対空:重巡は命中が低いためSTAAG

設備1:演習必須の真珠の涙。サンルイとジュノーの落ちる確率は半々ぐらいなので、リスク分散とこれ以上ジュノーを固くしたくないためサンルイに装備。

設備2:バルジ。最前は魚雷に飛び込んでいくため必須です。

 

■ジュノー(軽巡)

f:id:uniheraction1618:20190427013548p:plain

主砲:アイリス砲。最もDPSの高い榴弾砲

魚雷:5連装磁気魚雷 or 4連装磁気魚雷

対空:補正値が160%と高いため対空最高のルンバにしています

設備1:改良型缶。戦艦メタだと物理回避が重要かつ、ジュノー中置きのためあまり固くしたくないという目的に合います。

設備2:同上

 

雪風

f:id:uniheraction1618:20190427014512p:plain

主砲:主砲補正75%と低く、主砲によるダメは期待できないので、全弾発射スキルを回すために高回転な100mm二連装九八式高角砲。

魚雷:5連装磁気魚雷 or 4連装磁気魚雷

対空:もともと駆逐の命中は高いため、対空射程を広くする目的でルンバにしています。

設備1:消火器。炎上事故による早期退場を避けるために個人的に必須です。

設備2:物理回避を上げるためで、単機で残った際の速度はかなり早く、砲撃を回避し長いこと留まってくれます。応急修理装置も試しましたが、速度を上げるほうが生き残るのに適していると思います。

 

対空については、空母がいないのであれば必要ないので、メタによってはすべてSTAAGにしても良いです。6つ集めている指揮官は少ないとは思いますが。。

 

ジュノーの配置について

ジュノーを最前にすると、早く落ち過ぎて回復が十分に生かせない事故があるので、個人的にはおすすめしません。落ちるのが遅すぎても回復が生かせないので、タイミングよく落ちるように調整する必要があります。

編成によってはジュノーを最前に置かなければならないので、その際は極力固くします。

ジュノーの位置を入れ替えると装備も変わるので、ここに挙げた装備のまま入れ替えて弱いなどの判断はできませんので、よろしくお願いします。

編成を考える上でのジュノー配置問題は難しいです。よい決め方があれば知りたいです。。

 

 今後(開発艦2期による変化)について

1.サンルイの枠は吾妻に置き換わる

ほとんどのステータスがサンルイより高く、デメリットと思われる速度低下を考慮してもメリットのほうが大きそうです。詳しくはサンルイの紹介ページをご覧下さい。

重桜なので天龍門のほうが強化されますが、たぬ編成の優位を変えるほどではないかなと思います。 

 

 2.天城、モナークに代わるグッドスタッフ

フリードリヒなど強さが未知数ですが、演習でも一定の活躍をすると考えられ置き換わる可能性はあると思います。たぬを使う以上は、主力を早々に落とすコンセプトを強化したいところです。

新しいタイプの編成にも期待しています。

f:id:uniheraction1618:20190428012103p:plain

 

ここまで読んでいただきありがとうございます

ちょこちょこ追記します